• HOME
  •  > メルマガ バックナンバー

メルマガ バックナンバー E-NEWSLETTER BACK NUMBERS

メルマガ バックナンバー E-NEWSLETTER BACK NUMBERS

メルマガ バックナンバー

日付一覧

2008/07/25 12:48:22
  • ニューアワジどっとこむ@members通信・第75号

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ニューアワジどっとこむ通信 第75号
      http://www.newawaji.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008年7月25日■□■

メンバーのみなさま、こんにちは。
ホテルニューアワジの吉田でございます。

いよいよ夏休みも本番!

ホテルのプールにもちびっこ達のにぎやかな声が響いています。
私にとっては気象庁の「梅雨が明けていたかな?宣言」よりも、
毎年この元気な声が何よりの梅雨明け宣言となっています。

さて、先月のメルマガで地元の名店「タワーコーヒー」をご紹介
させて頂いたところ、なんと!ご宿泊後のアンケートで、「タワー
コーヒーに行ってきたよ!」と書いて頂いたお客様がいらっしゃった
ではありませんか!!
本当にありがとうございましたm(_ _)m

※前回のメルマガ
↓ ↓ ↓ ↓
http://archive.mag2.com/0000267630/index.html

気になってお店のブログを開いてみましたら、他にも興味を持って
頂いた方がいらっしゃったようで、うれしいかぎりです。
http://www.tower-coffee.com/

本当に、、、

「広告料でももらっているんではないか?」

というような勢いで紹介してしましたが、実はそれどころか
お店には「いっさい内緒」で紹介をさせていただきました。
こちらのメルマガでは、ワタクシ吉田が個人的にお気に入りの
お店をいっさいの利害関係や取引関係のしがらみは無しに、
独断と偏見でご紹介させていただいております。

これからも、

「淡路にきたらココに寄って欲しい!」

というお店や施設があれば、どんどん取り上げていきますので、
どうか楽しみにお待ちください!

ただし『お店には内緒でこっそりと』です(笑)

だってバツが悪いんですよ・・・。

「そちらのお店を紹介させて頂きます!」

と、高らかに宣言したものの、反響ゼロ(T_T)だった時なんて・・・。

目もあてられないんです・・。

というわけで、今回もどうか最後までお付き合いくださいませ。

☆━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■トピックス

[1] 琴平花壇がグランドリニューアルオープン
[2] 夏の夜空を眺めてみよう!
[3] 8月3日はクルージングで迫力の花火を!
[4] 夏休み期間のシャトルバス情報です
[5] 夏のブルーベリー狩り(淡路島ブルーベリー園)
[6] 夏がはじまったばかりですが、秋のプランアップしてます・・・

■メルマガ連載「神話と漁業の島・沼島を知る」Vol.5

■編集後記

「魚を買って帰りたいんだけど・・・」

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<INDEX>━☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 琴平花壇がグランドリニューアルオープン
http://www.kotohira-kadan.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

香川のこんぴらさんにあるグループホテル「琴平花壇」が
いよいよ8月1日にグランドリニューアルオープンを迎えます。

私自身も昨年の4月から何度か現地へ足を運んでいますが、
リニューアルが進んでいた約1年間は、

「before&afterとはこのことか!」

と関心しながら、生まれ変わっていく琴平花壇を見ていました。

400年の歴史を大切にし、琴平花壇の象徴であり、庭園に
点在する”離れ”はそのままに、メインの客室棟や展望浴場は
モダンにブラッシュアップ。

神戸・芦屋でタイ古式マッサージの名店を手がけるバンクンメイが
琴平花壇の庭園に離れのスパとしてオープン。

バー・ライブラリー・PC施設のある三階のガーデンラウンジ
の足湯付テラスからは、中庭の景色を楽しんだり、夜空に浮かぶ
月を見上げたりと、ゆっくりと滞在中の時間を過ごすことが
できます。

古き良き遺産と現代の快適な空間が調和した素敵な空間です!

このグランドリニューアルを記念して、特別割引プランもご用意
しています。

◆【室料最大50%オフ】プレミアムルーム・モニタープラン
http://www.kotohira-kadan.jp/stay_natsu.htm

香川へいらっしゃる時は、ぜひお立ち寄りくださいませ。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 夏の夜空を眺めてみよう!
http://www.newawaji.com/astro/2008-natsu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きれいな空気に包まれている澄んだ空の淡路島は天体観測の
好条件がそろった絶好のポイントとして有名です。

島外からもアマチュア天文家が訪れるほどで、過去に環境庁が
行った全国星空コンテストでは洲本市の柏原山が2位に選ばれて
います。

そんな淡路島で夏の夜空の星探し、してみませんか?
夏休み期間中は、ホテル屋上でガーデンテラスで20:00-21:30の間、
夜空の観望会を行っています。

夏の星座は何といってもこと座のベガ,はくちょう座のデネブ,
わし座のアルタイルが描く夏の大三角。それぞれが夏を代表する
星座のα星です。

天の川をはさんだ彦星(アルタイル)と織姫(ベガ)の七夕伝説は
あまりにも有名ですね。

お子様にとってもきっと大人になっても忘れることのない素敵な
想い出になるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 8月3日はクルージングで迫力の花火を!
http://www.newawaji.com/HomePage/natsumatsuri.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年恒例の淡路島祭りが今年も8月1日〜8月3日にかけて
開催されます。その中でも最終日の8月3日は、5,000発もの
花火が洲本港から打ち上げられ、お祭りも最高潮を迎えます。

そんな花火をばっちりと楽しむために毎年おすすめしている
のが、クルージングを楽しみながら海上で花火観賞ができる
「花火クルージング」です。

普段は鳴門海峡で「観潮船」として活躍している「日本丸」
http://www.uzu-shio.com/frame.php?page=ship02
が特別にチャーターされます。

毎年これを目当てに宿泊されるお客様もいらっしゃるほど
人気のイベントとなっています。当日はすでにお部屋が満室と
なってしまいましたが、すでにご予約をいただいているみなさま、
hotel@newawaji.comにてクルージングの予約を受け付けており
ますので、ご希望の場合は奮ってご参加くださいませ!

淡路島祭りには3日間ともに送迎バスがございますが、
花火大会からお帰りの便は例年混雑のため渋滞が予想され
ますので、この点のみ予めご了承をいただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 夏休み期間のシャトルバス情報です
http://www.newawaji.com/HomePage/shuttle_bus2008.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもは<洲本高速バスセンター>までのお迎えについては、
ご連絡をいただき次第随時ということで運行していますが、
夏休み期間中は、定期便をご用意しています。
バスをご利用のお客様は、大変お手数ですが、下記ダイヤを
ご確認の上、定期便をご利用下さいませ。
http://www.newawaji.com/HomePage/shuttle_bus2008.htm

ちなみに定期便運行期間は、島内最大級の大浜ビーチにも停車
しますので、海水浴目当てのみなさまにも便利にご利用いただけ
ますよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 夏休みは家族で味覚狩り体験はいかがですか?
http://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/0001223776.shtml
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第73号でも少しご紹介させて頂きましたが、淡路島の山間の町
にある五色町鮎原に、淡路島ブルーベリー園があります。
http://www9.ocn.ne.jp/~iands/index.html

オーナーの坂東さんは、美味しくて健康にも良いブルーベリーの
魅力に取り付かれ脱サラをして関西でも珍しいブルーベリーの
摘み取り園を2004年にオープンされました。

安全な食品作りのため手間隙はかかりますが無農薬栽培に取り
組んでいらっしゃって、その確かな品質から、地元のケーキ店
やレストランでも使用されています。

園内では18品種ものブルーベリーが栽培されていますので、
食べ比べるだけでも、大変です。。。

ブルーベリーといえば、スーパーで小売されているものや、
デザートにのっているものくらいしか見たことがなかった
のですが、ここで栽培されている「スパータン」という品種の
大きさにはびっくり。

とにかく、

「デカッ」

の一言です。

さんさんと降り注ぐ太陽の光をいっぱいに浴びたブルーベリー。
青い空の下・澄み切った空気の中で、現地ならではの完熟した
甘い実を、家族みんなで頬ばれるなんて最高ですよね!

淡路島の豊かな自然の中で、思う存分夏休みを満喫してくださいね。

◆大粒のブルーベリー食べごろ(神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/0001223776.shtml

◆淡路島ブルーベリー園(公式HP)
http://www9.ocn.ne.jp/~iands/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 夏がはじまったばかりですが、秋のプランアップしてます・・・
http://www.newawaji.com/HomePage/stay_plans-2008aki.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そろそろ9月のご予約が増えてきましたので、秋の宿泊プランを
更新しています。

今年の秋からはお客様の声に応えて、一人旅での宿泊プランを
増やしてみました。もちろん、狭い洋室ではなく、普段みなさまに
ご利用頂いている、海の眺めが素敵な広さ十分(12帖)の客室ですので、
寝そべって転げまわっても大丈夫(え?そんなことするのは私だけ?)。

そして秋には淡路島北部で淡路花祭2008・秋も開催されますので、
期間中の特別割引プランもご用意しています。花好きの皆さまは
今から要チェックです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[連載] 神話と漁業の島・沼島(ぬしま)を知るVol.5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島の南東部に浮かぶ小さな島「沼島」。
この沼島について毎回少しずつお話をさせて頂いています。

第五回目の今月号は沼島の「バエ」についてです。
回を重ねるごとに段々とマニアックになってまして、もう読んで
いる方はいないのでは?とビクビクしているのですが、まだ読んで
ついてきて頂いている方がいらっしゃったら、なんとか最終回の
神話のお話まで踏ん張ってくだされば幸いです。

前回、沼島は「岩の島」であると説明させて頂きましたが、
島の南側にいくと、「バエ」と呼ばれるユニークな名前の
岩礁が多くみられます。

国生みの物語でイザナギとイザナミが降臨したといわれる
上立神岩(神格化されているのでバエとは言われませんが、
広義のバエです)、そしてその上立神岩から左右にわかれて、
沼島を一周し、再び出会い夫婦の契りを交わしたといわれる
平バエ。ちなみにこの上立神岩は竜宮の表門(裏門は下立神岩)、
平バエは竜宮の屋根とも言われており、竜宮伝説も残って
います。

続いて、千手観音が現れたとされる観音バエ。
文字通り沖に向かって続いているツヅキバエ。
そのほか、アミダバエ、アミタテバエ、シャクシバエ、ホカケバエ、
ミサコバエ、グソクバエ、フタバエ、平氏バエ、そしてついには
「ショウジョウバエ!?」なんてものもあります。

ここまでくると、

「ネタか?」

と思わず勘ぐりをたててしまいますが、他のバエと同様、
ショウジョウバエにも、れっきとした「いわれ」が残されています。

昔々、漁師の三郎太夫という人が魚釣りをしていると、磯の上に
猩猩(しょうじょう:中国の伝説上の動物。人間に似た容姿で、
オランウータンの和名にも使われます。)が現れて、

「酒が飲みたいから買ってきてくれ」

と言われ、三郎太夫は早速に酒を買ってきました。
三郎太夫が猩猩に酒代を請求したところ、

「家の神棚を見てみい」

と言われ、すぐに帰って半信半疑で神棚を見てみると、なるほど
酒代らしきお金がおいてありました。
そのお金は使っても使っても減らず、一生安楽に暮らせたそうな、
というような話だそうです。

>>>次回へ続く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記 淡路の魚を買って帰りたいんだけど・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

周りを海に囲まれた島「淡路」。
こんなに海がすぐそばにあるのだから、活魚を扱った直売市場
みたいな観光施設があるはず!と、玄関やフロントにいたころは
よくお客様に尋ねられたのですが、意外とないんです、淡路島には。。。

正確に言うとあることはあるんですが、あまり数多く売れるもの
ではないために、正直品揃えは不満な場所が多いのです。
どっちかというと干物系が多い(干物もおいしいですけどね)。

そこでオススメするのは地元の魚屋さんが多くなるのですが、
もちろん漁港直送の新鮮な魚介類が揃ってはいるものの、
観光に来た!という気分にはイマイチ浸れないですよね。

そんな皆さまに私個人的におすすめしたいのが、南あわじ市の
福良漁港にある「別所水産」さん。
地元福良湾や鳴門の海で獲れた魚を福良の町の料理屋や旅館・
ホテルなどに卸している水産会社で、ちなみに見た目はお店
じゃありません。
でもすべて小売してくれますし、魚は捌けないという方には
その場で三枚におろしたり、造りに加工もしてくれます。
(魚によっては、してくれないものもあるようですが)
今の時期なら、マアジ・マルアジ・がしら・鱧・イサキ・
シラサエビ・鯛・ベラ・穴子・ハゲ・鮑・さざえ・うになど、
何でも揃います。
http://www.newawaji.com/HomePage/bessho1.jpg

何より、新鮮です!
そしてとにかく安い!

プロ御用達の一般人が入らないような店舗で、はじめての
場合は少し腰が引けるかも知れませんが、漁港のセリのように
積まれた魚のケースをみて、魚好きな方ならワクワクしてくる
こと間違いなしです!

ちなみに、この時期に主人にオススメを聞くとほぼ100%「アジ」
と答えてくださいます(^^;

はじめてお店に行ったとき、

「今からこのアジが東京に運ばれるんや。最高にうまいアジや。」

と誇らしげに主人が勧めてくれたのが、とても印象に残っています。

別所水産は南あわじ市の福良という町にあります。
ホテルニューアワジからは国道28号線を真っ直ぐ南下して、
鳴門海峡の観潮船が出ている「うず潮ドーム・なないろ館」
の前まで突き当たります。
そのまま、なないろ館の前を通り過ぎて海岸線を道なりに
西にしばらく進むと右手に「別所水産」があります。

ホテルニューアワジから車で40〜50分のところにあり、
本州から遊びに来られる場合は帰路とは逆方向になりますが、
鳴門の渦潮見物をされるなら、すぐ近くですので便利です。

◆別所水産◆
兵庫県南あわじ市福良乙343
0799-52-0162
営業時間 8時〜5時
※不定休

外観はこんな感じ
http://www.newawaji.com/HomePage/bessho2.jpg
地図はだいたいこのへん
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=34/15/08.237&el=134/43/03.445&scl=25000&bid=Mlink
※地図はたぶんこの辺かなという程度ですが、なないろ館の前を
通り過ぎて、海岸通りを走りながら右手に注意していれば見逃す
ことはないと思います。方向オンチの私でも迷ったことはありま
せんので・・・。

◆鳴門のうず潮・ジョイポート南淡路◆
http://www.uzu-shio.com/
〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港
TEL:(0799) 52-0054 FAX:(0799) 52-3081

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
編 集 :ホテルニューアワジグループ
     インターネット予約センター
編集担当:吉田 光宏
発 行 :株式会社ホテルニューアワジ
〒656-0023 兵庫県洲本市古茂江海岸
TEL:0799-23-2200 FAX:0799-23-1200
ホームページ http://www.newawaji.com
メール hotel@newawaji.com
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*