MENU

  • トップ
  • 客室
  • 温泉
  • お料理
  • 館内施設
  • 交通案内
  • 新着情報

淡路の旬を食す、 美味なる時間

鯛・鱧・あわび、伊勢海老、ふぐなどの海の幸をはじめ畜産と結んだ肥沃な大地で育まれた米・玉ねぎ、淡路牛…。
どの季節にも旬の美味に出逢える自然の恵みの宝庫、淡路島。そんな淡路島の旬の味覚を大切にし皆様にお楽しみいただけますよう真心を込めて調理いたしております。

豊かな食材

旬を堪能 海の幸

四季折々の美味しい魚介をたっぷり味わえるのが、淡路島ならではの魅力。
島の漁港にあがる新鮮な魚介を中心に、淡路島の水と土と空気で育った選りすぐりの山海の恵みをちりばめたお料理を味わい尽くして頂きます。

風味豊かな 淡路牛

淡路島といえばもちろん海の幸の宝庫ですが、実は知る人ぞしる黒毛和牛の名産地でもあります。
肉質は筋繊維が細かく、こまやかなサシが入りやすい特徴をもっています。これがあの鮮やかな霜降りを描き出しているのです。

甘みたっぷり 淡路野菜

甘みたっぷり 淡路野菜

畜産と結んだ肥沃な大地とさんさんと降り注ぐ太陽の光で育った、味の濃い、甘さが感じられる、元気いっぱいの島野菜。

香り高い 淡路米

香り高い 淡路米

淡路島の土は強い粘土質で米作りに適しているといわれており、歴史を紐解くと古事記にもその歴史が伝えられています。

御食国(みけつくに)

御食国 とは…

万葉の昔より「御食向かふ(みけむかう)」を枕詩に詠まれた淡路島。御食国とは日本古代から平安時代まで皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料を貢いだ国のこと。

若狭・志摩と並び、多くの食材に恵まれた淡路島もまた、古くから朝廷に数々の食材を納めてきました。
古事記の仁徳天皇の項には「旦夕淡路島の寒水を酌みて、大御水献りき」とあり、毎日飲む水までもが、ここ淡路島から朝廷に運ばれていたほどです。

淡路島新グルメプロジェクト

島の素材を使った「新しいグルメプロジェクト」が続々と淡路島全域で進行中です。
「淡路島ぬーどる」「淡路島牛丼」「島スイーツ」など、太陽と大地の恵みを受けた食材を存分に生かした淡路島ならではのメニューをぜひお召上がりください。

島を感じる潮と大地の味

島を感じる潮と大地の味

淡路島の四季折々の食材たちと島南部の福良地区で受け継がれる伝統の手延べ麺がコラボレーション!数々の魚介類、季節の土もの野菜に、猪豚・淡路牛が麺に絡み合い、あつあつの出汁とともに味わう。それが「淡路島ぬーどる」の魅力です。

淡路島牛丼

淡路島牛丼

淡路牛・淡路玉ねぎ・淡路米の淡路島が誇る3つの食材を使用し、1杯の牛丼にした「淡路島発ご当地牛丼」です。

島スイーツ

島スイーツ

まるでお菓子の詰め合わせのような愉しさと美味しさがにじみ出してくる淡路島。
気取らない、とぼけた美味しさが魅力のスイーツたち。

島スイーツ

島スイーツ

豊潤な瀬戸内の海が育んだ海の宝石・シラス。淡路島で水揚げされた新鮮ピチピチの生しらすを、それぞれ工夫を凝らした料理で召し上がることができます。