• HOME
  •  > メルマガ バックナンバー

メルマガ バックナンバー E-NEWSLETTER BACK NUMBERS

メルマガ バックナンバー E-NEWSLETTER BACK NUMBERS

メルマガ バックナンバー

日付一覧

2008/03/20 12:46:08
  • ニューアワジどっとこむ@members通信・第71号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ニューアワジどっとこむ通信 第71号 2008年3月20日(木)     ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーのみなさま、こんにちは。
ホテルニューアワジの吉田でございます。

「春」ですね。

いよいよやってきました。。。

自然界では冬の間にチカラを蓄えていた生命が一気に芽吹く季節。
人間界では、新しい出会いに期待がふくらみ、希望が満ち溢れる春。

そして、ニッポン全国2,000万人の同志にとっては、喜びと憂鬱が
複雑に交錯する、あの恐怖の季節の到来です。

はい、そうです。

花粉症です。

ホテル入社とともに花粉SHOWにも入症を果たしましたので、かれこれ
10年目くらいのお付き合いになるかと思います。

これからも長いお付き合いになると思いますので、これはもっと相
手のことを知らなければ、ということで花粉症について少しお勉強を
してみました。

そもそもいつから人類は花粉症と戦っているのかということですが
なんと紀元前までその歴史はさかのぼります。ローマ帝国時代の医
者であるガレヌス(紀元前130年〜200年)も花粉症らしい疾患につ
いて述べており、紀元前100年ごろの中国の記録にも、春になると鼻
水や鼻詰まりがよくあるということが示されているそうです。

ある研究所の試算によれば、患者が花粉症対策に用いる費用(俗に
花粉症特需といわれる)は639億円に上るが、労働損失が推定で年
間650億円、シーズン中の外出などを控えるために、1〜3月の個人
消費が7549億円(!)減少するという結果がでています。

25〜35マイクロメートルという目には見えない小さな花粉が人間
社会にこれだけの影響があるなんて、考えてみれば驚きですよね。

最近は秋にも同じような症状があらわれてきて、、、

「もしやイネ花粉も?」

と、びくびくしているのですが、もうしばらくは現実逃避しておき
たいと思っています。。。

いつものように前置きが長くなりましたが、そろそろ本題に入らせ
ていただきます。。。

☆━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■トピックス

[1] 宇宙のロマン・春の天体観望会のお誘いです
[2] 淡路島への距離が半分に!? 4月5日と6日は通行料半額!
[3] 淡路への旅に必携?「あわじ旅すごろくスタンプラリー」
[4] 淡路島に春を告げるイベント”淡路花祭2008”開幕♪
[5] ひと足早く夏の宿泊プランをアップしました
[6] 系列宿≪琴平花壇≫がリニューアル真っ最中!!

■メルマガ連載「神話と漁業の島・沼島を知る」Vol.1

■編集後記

「淡路島ソース」

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<INDEX>━☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 宇宙のロマン・春の天体観望会のお誘いです
http://www.newawaji.com/astro/2008-haru.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

都会とは違い、街の明かりが少ない淡路島は星をみるのには絶好の
環境です。島外からもアマチュア天文家が訪れるほどで、過去に環境庁が
行った全国星空コンテストでは洲本市の柏原山が2位に選ばれています。

教科書で色々と星座や惑星の名前は勉強して知っているけれども、実際
毎日見上げている空でそれらの天体を探す機会はなかなかないもの。

北極星や北斗七星はなんとなくわかるけれども、かの有名な春の大曲線でも

「スピカ?アークトゥルス?どこにあるの?」

という方は少なくないはず。

各地で天体観測会は開かれているけれどもなかなか気軽には参加しづらい
ものですよね。ぜひこの機会にぶらりホテルの屋上まで上がってきて空を
見上げてみませんか?地学部出身のホテルニューアワジ若手スタッフが
夜の星の世界をご案内いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 淡路島への距離が半分に!? 4月5日と6日は通行料半額!
http://www.jb-honshi.co.jp/press/080218press-1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸淡路鳴門自動車道全通10周年、瀬戸中央自動車道開通20周年を
記念して、4月5日(土)、6日(日)の2日間、本州四国連絡高速道路の
全線において、ETCで通行するお客様(車種:「普通車」「軽自動車等」)
を対象に、通行料金が半額(50%割引)となる「架橋記念半額割引」が
実施されます。

それにしても最近はETCに対する割引が充実してきているせいか、
高速道路を走っていてもずいぶんとユーザーが増えている気がします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 淡路への旅に必携?「あわじ旅すごろくスタンプラリー」
http://awaji-tabisugoroku.jp/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年恒例となっている“あわじ旅すごろくスタンプラリー”が 2008年度
もスタートしました。まだご存知でない皆様に少しご紹介です。

“あわじ旅すごろくスタンプラリー”とは、淡路島の主要な観光施設を
巡って、応募用紙に観光施設のスタンプと宿泊施設のスタンプ(領収印)を
集めます。集めることのできたスタンプの数によって様々なこだわり景品
が抽選で当たります。

応募用紙には、観光施設の割引クーポンもついていますので、すごろく
に応募しなくても淡路島を観光するには無くてはならないマストアイテム
です。

応募用紙は淡路島の各施設でも入手可能ですが、今年はホームページから
印刷した応募用紙を利用して「完全制覇賞」「あわじ賞」「すごろく賞」
のいずれかに応募すると、自動的に「ホームページ特別賞」の抽選に参加
が出来ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 淡路島に春を告げるイベント”淡路花祭2008”開幕♪
http://www.awajihanahaku.or.jp/hanamatsuri/haru/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の淡路島は花いっぱい、春の淡路島は花いっぱいと、
毎年この季節になると呪文のように唱えているのですが、この時期
本当に淡路島は花でいっぱいになります。どれくらいいっぱいなのかと
言えば、人工衛星でこの時期の淡路島を撮影したら緑よりピンクやイエ
ローの花の部分の方が多いのではいうほど、という冗談はこのへんで。
各地の花の名所は数知れず、中でも淡路花博の跡地として整備された
「明石海峡公園」と「淡路夢舞台」をメイン会場に、あわじ花さじき・
淡路島公園・淡路景観園芸学校をサテライト会場に加えて、
3月20日〜5月11日にかけて大々的に開かれる”淡路花祭2008”
では、様々な花を「これでもか!」というくらいお楽しみいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] ひと足早く夏の宿泊プランをアップしました
http://www.newawaji.com/HomePage/stay_plans-2008natsu.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ようやく春がやってきたのに、もう夏の話か、というお声も聞こえて
きそうですが、例年夏の宿泊は人気で、早くからご予約を頂戴いたし
ますので、ひと足はやく2008年夏の宿泊プランを更新いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 系列宿≪琴平花壇≫がリニューアル真っ最中!!
http://www.kotohira-kadan.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんぴらさんとして古くから親しまれて来た、かの有名な金刀比羅宮。
その象頭山の麓にたたずむ、緑に囲まれた宿が琴平花壇です。
昨年春に系列ホテルとして新たな出発を致しましたが、現在各施設の
リニューアルが行われています。

門前町や讃岐富士を一望できる富士見台の和室はすでにリニューアルが
完了し、先日露天風呂付客室(ツインルーム)も3室オープンしました。

展望露天風呂の新設、露天風呂付和室・和洋特別室のオープン、離れ屋
のリフレッシュなど、今後も段階的に新しい施設がオープンして、4月
のソフトオープン、8月のグランドオープンに向けて、古き良きものを
大切にしながら、新たな風が吹き込まれた新生「琴平花壇」が誕生します。

こんぴらさんご参拝の折にはぜひお立ち寄りくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[連載] 神話と漁業の島・沼島を知るVol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島の南東部に浮かぶ小さな島「沼島」。
今月から数回にわけてこの沼島のお話を少しずつさせていただきます。

さて、読者の方で沼島を知っていらっしゃる方はどれくらいいらっしゃ
るでしょうか?テレビ好きの方であれば、TBSの番組「沼島の春〜〜」
というお見合い番組を覚えている方もいらっしゃると思います。

あるいは、関西の釣りキチを自称する方であれば、釣り師の聖地とも
いうべきこの島を知らないはずはありません。

沼島は淡路島の灘地方の沖4.6kmにあり、人口はわずか600人強、周囲10km
の小さな孤島です。淡路島の土生(はぶ)港(南あわじ市灘土生)から
一日10便の汽船が出ており、約10分の船旅となります。

一歩沼島に足を踏み入れると、都会どころか淡路島とも比べ物にならない
くらいのスローな時間が流れているのにまず驚きます。こんな小さな島
ですが、色々な魅力が詰まった「宝石」のような島であることを回を追って
ご紹介していければと思います。

>>>次回へ続く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記 淡路島ソース
http://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/0000879229.shtml
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回はちょっと真面目な編集後記となってしまいましたので、今回は
またB級グルメシリーズに舞い戻りたいと思います。。。

以前「あわじ焼肉のたれ」という商品をご紹介しましたところ、
多数(?)の反響をいただき、大変気を良くいたしましたので、今回は
「淡路島ソース」のご紹介です。

開発したのは淡路島洲本市内の「浜田屋本店」さん。

食の安全が叫ばれる中、地元産の食材を使った安心・安全のこだわりの
品をと、ペースト状にした玉ネギに、しょうゆ、酢、みそ、タモギ茸など
を混ぜ、味のバランスを整えるために、なるとオレンジを加えて完成させ
ました。もちろん保存料・着色料は一切不使用。

さっぱりした中に玉ネギなど主原料の甘みを残しているのがポイントで、
子どもからお年寄りまで幅広い世代に喜ばれるように工夫したそうです。

かくいう私もまだ試していませんので、近々スーパーに買いにいって
みたいと思っています。

◆浜田屋本店(お問合せ番号)0799-28-0330
http://www1.ocn.ne.jp/~hamadaya/index.html

◆神戸新聞:玉ネギの甘み+しょうゆ味=淡路島ソース開発
http://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/0000879229.shtml

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
編 集 :ホテルニューアワジグループ
     インターネット予約センター
編集担当:吉田 光宏
発 行 :株式会社ホテルニューアワジ
〒656-0023 兵庫県洲本市古茂江海岸
TEL:0799-23-2200 FAX:0799-23-1200
ホームページ http://www.newawaji.com
メール hotel@newawaji.com
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*